イギリスの大手スーパー「Sainsbury’s」が手がけた新CMを知っていますか?

いまからちょうど100年前の1914年。第一次世界大戦の戦場で本当にあった話「クリスマス休戦」をモチーフに制作されています。

第一次世界大戦がはじまって初めてのクリスマスイブ。イギリス軍とドイツ軍による西部戦線では鉄格子をはさんで緊迫した状況がつづいていました。

002
003

恋人からとどいた写真やチョコレートをみつめる1人のイギリス兵士。

004

過酷で悲惨な状況を忘れさせてくれる唯一の存在…。

すると、彼の耳にはどこからともなく『きよしこの夜』が聞こえてきます。自分の耳を疑う兵士。その歌声は、なんとドイツ軍のほうから聞こえてくるのです。

005

はじめは驚いていたイギリス兵士たちも、そのドイツ語の歌に答えるように一緒に歌いはじめます。クリスマスを家族と一緒に過ごしたいという気持ちに敵も味方もありません。

008
009

夜が明け、雪の降り積もるクリスマス当日。彼はある行動を決意します。

010

彼は武器を持たずに、相手陣営へと近づいていきます。

011
012

緊張が走るドイツ軍。

すぐに戦闘態勢に入りますが、相手が武器を持っていないことがわかります。すると、なにかを悟ったドイツ兵士。彼もまた命をかけて相手のほうへ近づいていきます。

013
014
016

少しずつ歩みよる両軍たち、彼らの目的は…。

最後には「Christmas is for sharing (クリスマスをわかちあおう)」というメッセージ。

欧米人にとってクリスマスとは、家族で集まり、プレゼントを交換し合い、おいしい料理を食べ、幸せをわかちあう大切な日。

残された記録によると、兵士たちは一緒にサッカーをしたり、お酒や煙草を分けあったり、お互いに戦死した仲間を埋葬したとも言われています。

人類史上、最初で最後ともいわれている「クリスマス休戦」。

020
021
022

翌日にはそれぞれの陣営に戻り、再び敵同士となって戦うしかありません。

それぞれの正義のために。それぞれの家族のために。

そこには善も悪もありません。ひとつだけハッキリとわかるのは、これがとても「悲しい話」だということ。

そして、100年経ったいまでも同じような状況の人たちが世界にいるということです。


映画のようなクオリティで制作されたメイキング動画は以下から。

クリスマス休戦の詳細は以下の動画をご覧ください。

Sainsbury’s OFFICIAL Christmas 2014 Ad [youtube]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense