年末に、思いにふけりながら掃く。

白木屋伝兵衛』のホウキは、この道50年の職人さんが手編みでつくる江戸箒(えどほうき)です。

20141204_houki02

たとえば室内用の「新型地草・“特上”」。編み目を見ているだけでうっとり。

柔らかさとコシに強さを兼ね備えた職人頭が“草選り”することで、適度なバネ性を生み出すのだそう。ちょっといいホウキで掃いた時の手首に伝わる心地よさによって、お掃除がリズミカルに。

20141204_houki03

こちらは手箒。お部屋のインテリアとしてもなじみそうです。

ホウキは古くは奈良の正倉院にも納めれており、豊作を祈るために使ったとも言われています。掃くことで魔除けを祈っていたのかもしれません。

20141204_houki05

ハンドメイドで作られる紙と竹で出来たのちりとり。柿渋の独特の風合いがいい感じ。プラスチックのちりとりと違って、静電気によってゴミがまとわりつかないそうです。

20141204_houki04

いつもよりちょっといいホウキを片手に、年末ゆっくり掃除をしてみると、心が平穏になっていきそうですね。

江戸箒 [白木屋伝兵衛]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense