SHARE

最近一部では、マスクがファッションとして持てはやされる傾向もあるにはあるようですが、どっちかと言いますと首に巻くマフラーのほうが、ファッション・アイテムとして正しい気もします。

日本人は風邪や花粉症の予防として、公共の場で白いマスクをしていても普通のことなのですが、海外でマスクをして出歩くのは、だいたいが病人か怪しい人のどっちかとしか見られないのです。

なので、 Scough beakdownが提唱&販売するこのマスク内蔵型マフラー「スコフ(スカーフ+コフの造語)」の出番ってことになるのです。しかもこれ、ニューヨークはブルックリン発ですよ? ファッションアイテムとして使えないワケありませんよね!? 

ということで、カーボンとシルバーが織り込まれたマスクを内蔵するこの手作りマフラー「スコフ」。以下のコマ撮り動画をご覧になれば、どのように作られるのかお解りになるのですが…作る材料や技術がなくっても、公式サイトでお買い求め頂けるようになっています。

Scoughさん(@wearascough)が投稿した動画

気になるお値段は39ドル59ドルの2種類。トップ画像左下のピンク色のは、もう売り切れになっていますので、トレンドに敏感な女性ニューヨーカーたちに大人気ってことなのでしょう。

現地のニュース番組でも取り上げられている動画がありましたので、そちらもご覧ください。

こりゃーこれから益々花粉の飛び交う日本でも、流行り出しちゃうかもしれませんよね。

インフルエンザや花粉症を予防したい、ファッション通の方々はぜひとも1枚どうぞ! 

Laughing Squid
io9

オシャレで実用的、次の冬はマスク内蔵型マフラー「スコフ」がきっと流行る! /(岡本玄介)[コタク・ジャパン]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense