12月に入ると急激に寒くなるドイツ。クリスマスまで一ヶ月を切ると、待ちに待ったクリスマスの準備が始まります。

近年日本でも有名になってきた、ドイツのクリスマスマーケットの様子や文化の背景、そしてクリスマスに欠かせないものなど、数回に分けてドイツよりお届けしていきたいと思います。

第一回はクリスマスマーケット。ドイツ語ではWeihnachtsmarkt(ヴァイナハツマルクト)と言い、ドイツ国内の市場で、クリスマスまでの約1ヶ月開かれます。

市場には所狭しと屋台が立ち並び、伝統工芸やクリスマス用の飾り、グリューワインやお菓子など、大人から子供まで楽しめるお店がたくさん! 場所によっては入場料がかかるところもありますので、事前に調べてみてくださいね。

クリスマスマーケットの様子はこちら!

141201markt03

この時期のドイツの気温は既に氷点下。夜になると体感温度は−10℃を下回ります。そんな中、クリスマスマーケットにずっといるのは中々厳しいです。そんな時は、日本でもお馴染みのグリューワインで暖まりましょう。

ドイツ語ではGlühweinと書き、Glüh(グリュー)とは燃えることや、ぽかぽかすることを指す言葉。様々なスパイスが効いた甘ーいホットワインです。大抵は赤ワインですが、白ワインもあるんですよ! 寒い中のクリスマスマーケットには欠かせないグリューワイン、これで身体の内側からぽかぽかになれます。

そしてグリューワインを飲むにあたってもう一つの楽しみが…

141201markt01

グリューワインは大抵4〜5ユーロ程で一杯買う事ができますが、その中には、コップ代が含まれています。飲み終ったコップをお店に返すと、デポジット代が返ってくる仕組みです。

コップは毎年違うデザインで、しかも街によっても違います。街それぞれのコップを比べてみるのも楽しそう。

141201markt02141201markt04

ガラス細工や、木製のものなど、クリスマス用の飾りがたっくさん!ついついお財布のヒモが緩くなってしまいがちな、マーケット。買い過ぎには注意してくださいね。

141201markt05

お子様には甘いお菓子と乗り物やくじ引きなど、定番の屋台アイテムも。ジェットコースターや観覧車、ゴーカートなど、街によって様々ですが、プチ遊園地がある場所もあったり。お子様もばっちり楽しめます。

今回の写真はドイツのケルンという街のもの。ケルン大聖堂のふもとで行なわれるケルンのクリスマスマーケットは、ドイツ国内でもとても有名です。是非一度は訪れたいですね。12月23日まで開催しています。

kölner Weihnachtsmarkt

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense