SHARE

約60億kmの旅を終えて、奇跡の帰還を遂げた「はやぶさ」。その後継機「はやぶさ2」の打ち上げに先立ち、人工衛星アクセサリーブランド「Satellite-U(サテライト・ユー)」が登場しました。

141202_hayabusa2

「はやぶさ2」が目指すのは、地球と火星の間にある小惑星1999 JU3。予定では2018年に到着後、1年半の滞在をしてから、2020年に地球へ帰還します。

ピアスは「はやぶさ2」と小惑星1999 JU3がモチーフとなっていて、宇宙に漂うように左右の耳で揺れるデザイン。

ピアスの他にも、ペンダントヘッドやラペルピンもあります。

141202_hayabusa21

ラペルピンには、18金ホワイトゴールドで作られた数量限定のプレミアム版も。太陽光パネル部分には、合計28個、約0.3キャラット分の天然ダイヤモンドが使用されており、美しい輝きを放ちます。

141202_hayabusa23

これらのアクセサリーの楽しみ方は、身につけるだけではありません。

スマートフォンの専用アプリを起動してアクセサリーにかざせば、人工衛星の位置に応じたCGが合成されるAR機能を搭載。リアルタイムで「はやぶさ2」の今を感じることができます。

141202_hayabusa22

アクセサリーは「Satellite-U」のオフィシャルサイトの他、全国の科学館やアクセサリーショップなどでも購入できます。

アクセサリーとスマートフォンアプリを通じて宇宙を身近に感じながら、「はやぶさ2」の帰還を応援してみてはいかがでしょうか。

[Satellite-U]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense