20141124_vege_08.jpgインド料理が好きです。味もさることながら、手で直接食べ物を口に運ぶという行為も好きなのだと最近気が付きました。

食べ物を前にしたとき、まず入ってくるのが目からの情報です。そして鼻からは、匂い。食べ物を口に運んだら、舌では味を、耳では咀嚼するその音を楽しみます。

でも、箸やフォークではなく手で直接食べ物をつかむとき、指先でもその食べ物を感じることができるのです。これはつまり、五感すべてを使って食事をする、ということ。この食事を味わい尽くせるスタイル、食いしん坊にはたまりません。また、手で食べるという行為は、口に運ぶ前にその食べ物の温度や硬さが脳に伝わるため、消化しやすくなると聞いたことがあります。

食事中にテレビを見たり、おしゃべりに夢中になりすぎたりせず、目の前の食ベ物に対峙する。五感をフルに使って食事をすることで、食べ物の味をより深く繊細に感じることができます。そしてこれは、今、目の前にある現実に注意を向ける瞑想的な行為でもあります。 

今日食べたもの:中華丼

沖縄のフーチャンプルー用の車麩を使った中華丼です。フライパンにごま油ヒン、みじん切りにした生姜を入れて香りを出し、一口大に切った野菜、水で戻した車麩を入れて炒めます。野菜は冷蔵庫にあるものを適当に使いますが、葉野菜と根菜がバランスよく入るようにしています。だし汁を加えて煮立てたら、醤油少々で味つけし、とろみをつけてできあがり。硬めに炊いたごはんにのせていただきます。

とろみをつけるのには葛粉か片栗粉を使います。寒いときには体を温める葛粉を、暑い夏には体を冷やす質を持つ片栗粉を、と季節や体調によって選んでいます。

※ ヒンはインド料理などでよく使われるスパイス。輸入食品を扱うスーパーなどで手に入ります。

Ranking