SHARE

各都市や国がその場所を代表する食べ物、飲み物を持っている事って多いですよね。いわゆるご当地名物ってやつです。

ご当地名物と、その都市の風景をリンクさせたアート作品『A Place To Go, Please』を、アイルランドに暮らすカメラマンJason McGroartyさんが展開しています。

もともと、デザイナーのKaren McDermottさんが、都市が持つドリンク・カルチャーを表現したちょっと変わったイメージ写真を作るという作品のアイデアを持っていました。フォトショップのスキルを持ったJasonさんと出会ったことで、このプロジェクトがスタートしたそうです。

今回は、そんな作品の一部をご紹介したいと思います。

141126photo03

ニューヨーク

スターバックスコーヒー発祥の地であるニューヨークはやはり、自由の女神に高層ビル群。ペンのシリーズSharpieも、世界的に見るとニューヨークを彷彿とさせるアイテムなんだとか。

141126photo04

ロンドン

ロンドンといえば、アフタヌーンティー。紅茶のお供といえば、たっぷりのクロテットクリームやジャムといただくスコーン。

141126photo01

パリ

ワインを片手に、ロマンチックな愛を語り合う街パリ。情熱的な真っ赤なルージュと、バラの花がそっと添えられています。

141126photo02

モスクワ

ロシアといえばウォッカ。ウォッカのショットグラスに浮かぶのは、モスクワにあるロシア独特の建築物たち。

141126photo05

ダブリン

ギネス発祥の地でもある、アイルランドの首都ダブリン。パブでギネスビールを楽しむ人たちのテーブルはまさにこんな感じ!

この他にも色んな作品があるので、ぜひこちらを覗いてみてください。ちなみにこれらの写真、好きなサイズを選んで購入することも可能。

お部屋の中に飾れば、世界旅行に行った気分になれちゃうかも?

A Place To Go, Please
JasonMcGroartyPhotographer[Facebook page]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense