SHARE

一日中座ってパソコンと向き合っていると、同じ姿勢でい続けることが体に負担になり、また体を動かさないことでストレスも感じます。

これまでにも少なくないクリエイターが、そうした現代のオフィスワーカーの悩みに対処すべく、斬新でユニークなコンセプトを公開してきました。

今回紹介するアイデアも、運動不足とストレスの解消につながり、もしかすると実用性まで満たすという、完璧な解決策になりうるかもしれません。

それが、こちらの“workoutcomputer”です。

141120Punching3

現在、イスタンブールで開催されているビエンナーレで展示されている、こちらのコンピューター。

見ての通り、すべてのキーがパンチングバッグになっており、文字をタイプするためにはパンチやキック、お好みならば頭突きでも、バッグになんらかの打撃を加えないといけません。

141120Punching2

手掛けたのは、ドイツのデザインスタジオ“Bless”の Desiree Heiss氏とInes Kaag氏。

制作のきっかけについて「私たちは、日中の体を使った活動の必要性や、一日中コンピューターの前に座る仕事を終えた後、夜に感じる背中の痛みにインスパイアされた」と語っています。

141120Punching4

初めて使う時はひとつの単語を打つのに2分ほどかかるといい、すぐに通常のパソコンと置き換えるのは難しそうです。

一度くらいなら、メールの一通でも作ってみたい気もしますが。

141120Punching5

このキーボードはコンセプトですが、実際の利用に耐えるもっとアクティブなもののインスピレーションになれば良い、とデザイナーのふたりは願っているとか。

141120Punching1

オフィスのなかに、一部屋くらいはこんなスペースがあっても面白そうですね。

This Punching Bag Computer Requires A Full-Body Workout If You Want To Type A Word [Co.EXIST]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense