極寒の地でも耐えられるウェアは、あたたかみのある職人の手から生み出されていました。

日本でもセレクトショップで見かけることが多くなった『CANADA GOOSE(カナダグース)』のダウンジャケット。

南極探検隊やエベレスト登山隊といったエクストリームな地で活躍する人にも愛されるウェアです。

20141118_canadagoose02

1957年の創業から“メイド・イン・カナダ”を貫きます。本当の寒さを知っている人だからこそ、それに耐える術をウェアに吹き込めるのかもしれません。

20141118_canadagoose03

やわらかな暖かみを与えてくれるコヨーテのファー。厳しい吹雪でも首元をしっかり包んでくれます。

20141118_canadagoose04

どこか親しみを感じる、とある職人さんの作業場。どんな人が作ってるのか想像がふくらみますね。

20141118_canadagoose05

熟練した職人さんによる裁断風景。極寒の地で活躍する人々の実体験に基づくデータを製品に反映させていることが、愛されるウェアの秘けつです。20141118_canadagoose06

2014年の10月にオープンした工場では、設計部門とイノベーション部門が同じ屋根の下でスムーズに働ける環境になったとのこと。

20141118_canadagoose07

厳密なクオリティコントロールによって、現在でもカナダ・ナショナル山岳レスキューチームでは公式採用されています。

20141118_canadagoose08

おなじみのワッペンの製作模様。こんな風に作られているのを知ると袖を通した時に、遠いカナダの地を思い出してしまいますよね。

20141118_canadagoose09

日本ではFRAMEで取り扱いのほか、セレクトショップでも別注品などが購入できます。

GETTING DOWN WITH CANADA GOOSE [GEAR PATROL]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking