「完璧な鉛筆」そう言ってしまっていいでしょう。

今回ご紹介するのは、日本でも有名なドイツの文具ブランド Faber Castellの鉛筆、Perfect Pencilです。

そう、もう既にネーミングが「完璧な鉛筆」なのですが、ブランド自身がここまでの名前を付けるのには、皆様も納得いただけるぐらいの理由があります。

141118perfectpencil01

まずは、「鉛筆」の一言で終わらせたくない、美しいフォルム。鉛筆を使いながら、まるで、万年筆を持つような、上質な気持ちになれそう。

この鉛筆本体は縦に削られてストライプのような模様が入っているのですが、これが手にとてもよく吸い付いてなじみがよいのだそう。そして、普通の鉛筆にはない「重さ」も、特別な書き心地を生み出しています。

そして機能面です。

141118perfectpencil02

「書く」「消す」「削る」が、この一本に収まっています。

取り替え可能な消しゴムはもちろん、鉛筆の先を守る美しいキャップ、鉛筆削りまで。もちろん、胸ポケットに指して、最高にダンディーなクリップも。

鉛筆は、シャープペンと違い、濃淡が出しやすいし、先の太さも削ることで自分の使いやすい太さに調節することができます。

それでもシャープペンを使ってしまうのは、先が丸まってくると使いにくいから。そして、鉛筆削りがいつも近くにはないからでした。この鉛筆なら、もうなんの不足もありません。鉛筆は小学校以来、という人も大人の鉛筆、使ってみませんか?

141118perfectpencil3

鉛筆部分は、ブラウン・ブラック共に、キレイに削れてスムーズなスギの木、キャップと消しゴムキャップなどの金属部分は、プラチナコーティングかスターリングシルバーからチョイスができるようになっています。文房具ファンからは、別名「世界一高い鉛筆」と呼ばれているそう。

鉛筆にお金をかける人ってなかなかいないけれど、だからこその特別感があります。

せっかくなら、どっぷりこの上質な空気に浸かってしまいたいという方は、トップ写真のケースも一緒にいかがでしょうか。ペン立てに立てるのではなく、密かに、厳かにこの箱にしまう。自分だけの贅沢です。

141118perfectpencil04

コチラから購入可能です。

Perfect Pencil     [Graf von Farber Castell]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense