SHARE

11月も中旬を過ぎ、今年の秋ももうすぐ終盤戦になってきましたね。まだまだ秋を楽しみたいということで、先日、仕事の合間に鎌倉に行ってきました。

鎌倉=紅葉、というのは言い過ぎかと思いますが、この時期は街全体が様々な色に染まっていて、散歩をしているだけで心も高揚してきます・・・

今回訪れたのは2か所、先ずは瑞泉寺。こちらのお寺は花の寺とも言われるほど、四季折々のお花が見られます。

20141117uchisato-02

なかでも有名なのが、早春に咲く梅と秋の紅葉(モミジ)。瑞泉寺周辺の地域は紅葉ケ谷といわれていて、紅葉の名所なのです。今回もその見事な姿を期待して行ったのですが、あいにくまだ緑の状態。モミジの紅葉は他の樹木に比べて比較的遅く、瑞泉寺周辺では11月下旬以降が見頃だそうです。

20141117uchisato-03

見事な黄梅の梅林。

20141117uchisato-05

黄梅の足元には、元気に伸びているスイセンの姿が見られました。

20141117uchisato-04
20141117uchisato-06
20141117uchisato-07

これらのモミジが赤く染まった姿は、圧巻でしょうね。

気を取り直して、次に向かったのは源氏山公園。この公園は、源頼朝の像があることでも有名ですが、頼朝像は山の頂上付近にあるので、辿り着くにはそれなりの坂を上らなければなりません。今回僕が選んだのは、化粧坂ルート。車が通れない岩だらけの坂道を登って行きました。

20141117uchisato-08

化粧坂。前日の雨で滑りやすくなっていました。

頼朝像周辺は桜やドウダンツツジの紅葉が見られます。相模湾と真正面に向き合っている頼朝様。秋の夕日に染まって輝いています。

20141117uchisato-09

源氏山公園は地元の方の散歩のコースにもなっているのでしょう、犬を連れて散歩をされている方も多く見られました。また高い木々に囲まれているので、気軽に森林浴が出来るのも魅力ですね。

20141117uchisato-15

源氏山公園をしばらく歩くと、葛原岡神社に出ます。ここの神社手前の広場、通称こもれび広場が内田お勧めのスポットです。西側が開けているここの広場は、秋の午後には、まぶしいくらいの夕日に照らされます。そんな夕日を浴びながら、芝生の上で何をすることなく、のんびりしたいものですね。天気が良い日には富士山も見られるそうです。

20141117uchisato-12
20141117uchisato-10
20141117uchisato-11
20141117uchisato-13

残念がらこの日は富士山は見られませんでした。

20141117uchisato-16
20141117uchisato-17

紅葉も所々に見られました。

20141117uchisato-19

目的もなくプラプラ歩いているだけでも十分楽しめる鎌倉ですが、しっかりと名所を回ってみたいという方には、NPO法人鎌倉ガイド協会による案内のサービス(有料)や、えびす屋さんによる人力車での観光ガイドもありますので、そちらを利用されても良いかと思います。

20141117uchisato-18

至る所にこのようなガイドがあるので、適当に歩いても迷うことはなさそうです。

また今回は訪れませんでしたが、長谷寺では紅葉ライトアップが毎年開催されているそうです。今年は11月22日~12月7日まで。東京からも電車で1時間程度で行かれますので、仕事が終わった後にでも間に合うかと思います。

今年の秋も後わずかですが、内田的、秋の魅力をご紹介出来たらと思います。

NPO法人 鎌倉ガイド協会
えびす屋
長谷寺

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense