ペインティングに用いる道具としてすぐに思い浮かぶのはですが、昨今は手のひらやボクシング・クローブなどを用いたアーティストも登場しています。

シンガポールを拠点に活動するデザイナーThomas Yangさんも、ユニークな方法で制作を進めるひとり。

彼が用いるのは自転車のタイヤです。

141117thomasyang1

Yang氏が自転車とアートに対する熱い情熱をひとつにして作品に注ぎ込んだのが、“100copies”というシリーズ。

141117thomasyang4
141117thomasyang3

タイヤを用いた作品では、これまでに北京の紫禁城、ロンドン橋、エッフェル塔、NYのエンパイア・ステート・ビルディングの4つを描いています。

141117thomasyang6

シリーズのタイトルから想像される通り、それぞれの作品は100枚のみの限定制作。

場合によっては、シリアルナンバーが振られて販売されることもあるようです。

141117thomasyang2

角度や濃淡をコントロールして描く筆さばき、もとい、タイヤさばきは見事のひとこと。

141117thomasyang7

タイヤの模様が鉄塔の雰囲気を巧みに表現したエッフェル塔

141117thomasyang5

エンパイア・ステート・ビルです。

それぞれの作品につけられた紹介文からも、Yang氏の自転車への並々ならぬ愛情が感じられます。

一例を挙げると…

「米がそうであるように、自転車は中国文化に深くしみ込んでいる。」

「そよ風の吹くパリの大通りを駆け下りれば、サイクリング・カルチャーと恋に落ちるのがなぜ簡単かに気付くだろう。」

といった具合。分かるような気がしませんか?

現在も、プリントが購入可能なものもあるようです。ぜひチェックしてみてください。詳細は、こちらから。

[100copies]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense