2

自転車文化が根付いているヨーロッパでは、自転車道路やレーンの整備が進んでいます。旅先のサイクルシェアリングサービスを使用したときに、車と別のレーンだとストレスがだいぶ少なく感じるものですよね。

自転車が国民の総移動距離の4分の1強を占めるオランダは、自転車道路の総延長も2万9000キロに達しているそうです。これは日本の国道の約半分の距離にあたり、「自転車大国」とされるのも納得できますね。

このほど、オランダのヌエネンという町にあらたな自転車道路がオープンし、話題になっています。

141116Goghpath5

それが、Van Gogh-Roosegaarde Bicycle Pathという道路。

昼の間に集めた光で発光する特別なペイントが施され、ソーラーエネルギーで動くLEDライトとともに、表面を幻想的に照らし出しています。

141116Goghpath4

回転するような模様はオランダ出身の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品『星月夜』を参考にしているそうです。

141116Goghpath2

ウディ・アレン監督の「ミッドナイト・イン・パリ」のポスターにも採用されていた、夜の空がうねるように渦を巻く有名な作品です。

「星月夜」が描かれたのは少し後の時期になりますが、北ブラバント州に位置するこの町には、一時期ゴッホが暮らしていました。

141116Goghpath1

道路を手掛けたオランダ出身のデザイナーのDaan Roosegaardeさんは、この照明の方法が眼や自然環境に優しいものだと明かしています。

上空から見るとこんな感じ。

素敵な自転車道路でうらやましい…。近くまでいくことがあれば、走ってみたいですね。

[Daan Roosegaarde]
Daan Roosegaarde’s glowing Van Gogh cycle path to open in the Netherlands [dezeen]
2

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking