童話『3匹のこぶた』の中でこぶたの兄弟たちは、ワラ、丸太、レンガの3種類で家を作りましたが,、ロンドンには『蝋(ロウ)』を使って家を作った人がいました。

9月から10月にかけてロンドンで開催されたアートイベント[マージ・フェスティバル]では、市内を流れるテムズ川沿いにてさまざまなアート作品が展示されたり、アーティスト達のパフォーマンスが行われたりしました。

その1つの作品の中にアレックス・チンネック氏のロウでてきた家がありました。

イベント終了後もそのロウの家は展示されており、日に日に溶けていくゆく姿を楽しむアートとなっているのです。

ちなみに最初はこんなかんじだったのですが……

141114melt02

だんだんとこのように変化し……

141114melt04141114melt03

展示から45日後にはこのような姿に!

141114melt01

しかし実はこれには秘密があるんです。普通に考えてみるとロウって水や風で溶けるものではありませんよね?

そうなんです、この作品、夜中人があまりみていないところでちゃんとこのように毎日毎日毎日バーナーで少しづつ溶かしていたのです。

141114melt05

この見えないひと手間がロンドナーたちの目を日々楽しませてくれているのですから、アートって奥が深いなあって感じますね。

See the melting wax house before it disappears

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking