リビングと寝室の間の壁、廊下とリビングの間の壁、そういった普通だったら閉じられているだけの場所にオシャレな窓を取り付けるのがリノベーションの新常識になりつつあります。

マンションなどでは窓はリビングの1箇所のみで、寝室などその他の部屋には窓がなく、換気も採光もいまいち…ということはよくあります。それを解決してくれるのがこの室内窓。すりガラスにすればプライバシーも気にならず、「窓」ですから開け閉め自由。光や風を通したいときは開け、音や匂いをシャットアウトしたいときは閉めればいいのです。

そんな便利な「室内窓」の事例をご紹介します。

141112suvaco21-2

細長い空間にも広がりが生まれます。

141112suvaco21-3

完全に閉じない間仕切りにもいいですね。リビングの窓からの光が差し込みます。

141112suvaco21-4

寝室でも高い位置につければ視線は気にならず、空気の通り道は確保できます。

141112suvaco21-5

家具を置く位置も事前にしっかり決めておけば、アートのような存在にも。

141112suvaco21-6

ドアと同じ素材で、学校の教室を思い出すレトロな雰囲気を出すのもいいですね。

141112suvaco21-7

狭いスペースを作るときは、圧迫感が減るのでぜひ取り入れたいアイデアです。

いいとこずくめの室内窓の魅力、伝わりましたか?

素敵な窓枠を選べばアート要らずにもなっちゃう室内窓、ぜひ検討してみてくださいね。

[リノベーション情報サイト リノベりす]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking