SHARE


シンガポールのチャンギ空港で、ART+COMによるとてもダイナミックなインスタレーションが行われています。

Kinetic Rain」と呼ばれるこの作品は、銅でコーティングした美しいアルミニウム製のしずくをとても細いスチールロープで吊るして一斉に動かしているんです。その数なんと608個。さっそく動画をどうぞ。

141105drop-09
141105drop-05

チャンギ空港グループからの「ターミナルの概念を一新するような作品を」という依頼を受けて制作されたKinetic Rain。

スペースシャトル、ドラゴン、飛行機と雲、バルーンとカイト、ジャンボジェット、群衆、そして雨など、全部で18もの形が表現されています。

SONY DSC
141105drop-03
141105drop-02

実際のインスタレーションの時間は約15分間。その間コンピューターによる制御で、乱れることなくコントロールされるんですって。それにしてもここまで揃うってすごいですね。渡り鳥の群れみたい。

141105drop-08
141105drop-07
141105drop-06

もちろんこのような複雑で美しい動きを成功させるために、ART+COMはテクノロジー、デザインなど分野ごとにチームを結成して多くの努力が行われたんだとか。妥協はしたくないという気持ちが強かったんだそうですよ。

そうした苦労の末にこのインスタレーションが完成したときは、それは大きな感動があっただろうなぁ。観客としてぜひ、間近で見てみたい。いつか日本の空港でもやってくれたら嬉しいですね。

Gorgeous Kinetic Rain Installation in Singapore[MY MODERN MET]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense