SHARE

Stephanie Lüningさんは、物事が変化していく様子に注目するアーティスト。

特に「Schauminsel」という作品では、泡がどのように形を変えていくかを観察しています。

141104candy-06
141104candy-08
141104candy-07
141104candy-05

泡だて器を使って作られたたくさんの泡を、青や赤、黄色などに着色。それを層のように広げていったり、目的を作らず泡を広げてファンタジックな世界を表現したりと、その変わりゆくさまがアートになっています。

141104candy-03

街が泡に包まれていくなんて、夢みたいな光景ですよね。

141104candy-02
141104candy-11

交差点をゆく人々の流れなど、規則なく動いているものってついずっと眺めてしまうことがあります。このSchauminselも同じように、その不思議な変化から目が離せない作品だったのかもしれません。

141104candy-12
141104candy-04

実はこれらの作品は、2012年と2013年に分けて制作されたもの。2013年にはショッピング地区に集まる人々を前にカラフルな泡を広げたり、家の中を泡で満たしてみたりもしたそうです。最初は驚くかもしれないけど、ずっと見ていたらきっと楽しかっただろうなぁ。

Stephanie Lüningさんのその他の作品は、こちらからどうぞ。作品の様子をとらえた写真からも、その変化の様子を追うことができますよ。

STEPHANIELUENING
Foam Sculptures Playfully Create Candy-Colored Landscapes[MY MODERN MET]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense