スポーツの時に欠かせない、水分。たくさん汗をかいて、身体もぽかぽか。だからよく冷えた飲み物が飲みたい!…という気持ちは分かるんですが、たまにはちょっとエコな方法で水分を集めてみませんか。

141031selffilling-01

こちらの「Fontus」はKRISTOF RETEZÁRさんが製作した画期的なガジェット。話によると、空気中の水分を集めてお水を作り出してくれるそうなんです。もちろんそのお水は飲むことができる安全なもの。すごくエコなガジェットですね。

141031selffilling-06
141031selffilling-02
141031selffilling-03

太陽光をエネルギーとして、蒸留水を作るような仕組みでお水は作られています。いい気候であれば1時間当たり0.5Lほど作ることができるそうです。最近のコンビニサイズのペットボトルより、少し多いくらいですね。炎天下のサイクリングのときは足りないかもしれませんが、これからの涼しい季節でこまめに水分補給するぶんにはいい量かも。

141031selffilling-04

自転車用のガジェットとして開発されていますが、安全な飲水の確保が困難な地域などでも活躍してくれるかもしれませんね。

Fontusは掃除機で有名なダイソンが開催しているコンペ「ジェームズ ダイソン アワード」に向けて制作された作品なので、現段階で販売などは行われていないようす。でも、この空気中の水分を集めて飲水にするというアイディアは、スポーツのときはもちろん、世界中のいろんな地域で応用されてほしい技術だなぁ。

KRISTOF RETEZÁR[James Dyson Award]
fontus self-filling bottle condenses humid air into drinking water[design boom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense