SHARE

11月第3木曜日のボジョレー・ヌーボー解禁日、そしてクリスマスなど、年末には自然とワインを飲む機会が増えてきますね。

でも「実はワインってよく分からない。おいしく飲めているのかな?」と不安な人も多いのではないのでしょうか?

そこで今回は、ワインをおいしく飲むための秘訣を紹介します。まずは、基礎知識をおさらいしましょう。


基礎知識おさらい:ワインの色と味について

20141030amuser_2

赤ワイン
黒ブドウや紫など色のついたブドウを、果汁だけでなく果皮や種を入れたままつくられるワイン。多くは辛口で、果皮や種も含まれるため複雑な味わいが特徴です。

白ワイン
白ブドウを使い、果汁だけでつくられるワイン。甘みと酸味のバランスの調整で、辛口から甘口まで、幅広い風味があります。

ロゼワイン
赤ワインと同様に黒ブドウなど色のついたブドウを使いますが、発酵初期に発酵液がバラ色になった段階で果皮や種を取り除きます。一般的に辛口からやや甘口までの味わいがあります

参照サイト:ワインの基礎知識[サントリー]

1H8A6432

さて、基礎知識をおさらいしたところで、次はワインの開栓から飲み方までを紹介します。

今回は、長野発のオリジナルワインアイテムブランド「AMUSER(アミュゼ)」のワインアクセサリーセットを試してみました。

AMUSER_logo


TIPS 1:コルクを壊しちゃ台無し、ワインはスマートに開栓を

150727_wine

おいしいワインを飲むには、まず開栓が必要です。しかしコレが意外と大変。スクリューキャップならともかく、本格的なコルク栓のワインの場合、開け方に失敗すればコルクの欠片がワインに混じり、台無しになってしまいます。

ワインのコルク栓は、ソムリエナイフを使って開けるのが基本ですが、意外と力がいるもの。そこで簡単に誰でも開栓できる「充電式電動ワインオープナー」の登場です。

main_01

その名の通り、ワインの開栓を、ボタンを押すだけで自動でやってくれます。力はまったく必要ありません。コルクが抜けると自動的に止まり、抜いたコルクも自動でとれるんです。これなら大変なコルク栓抜きも失敗することはありません。

1H8A6471 (1)

1H8A6488

今回使用したワインオープナーは、コルク栓はもちろん、ゴム栓にも対応しています。

ちなみに専用スタンドはボトルのキャップシールをきれいに取り除けるホイルカッターにもなっています。

1H8A6441


TIPS 2:注ぎ方にも注目!デキャンティングでワインの味と香りが引き立つ

20141030amuser_3

デキャンティングという言葉を知らなくても、このデキャンタと呼ばれる容器は知っているという人も多いはず。このデキャンタには実は意味があるんです。

ワインの底にたまった沈殿物を取り除いたり、空気と触れさせることでワインの風味を開かせることができると言われています。諸説ありますが、特に古いワインは沈殿物が多いためデキャンティングした方が良いというのが通説です。

ソムリエはワインを注ぐ際に、ほどよく空気に触れさせるため、チョロチョロと少量に渦を巻くように注いでいるのです。簡単そうな作業ですが、適切に行うには熟練した技術が必要です。

main_01-2

しかしワインの注ぎ口につけて使う「ワインエアレーター」を利用すれば、ソムリエの技術をおうちで簡単に再現できるんです。

1H8A6536

エアレーター内部が渦巻き構造になっており、ワインを360°回転させて、デキャンティングを行うことができます。また、どれだけ傾けても注ぐ量は一定になるため、勢い余ってこぼしてしまう心配もありません。


TIPS 3:一度に飲みきれなくても大丈夫、ひと工夫すれば飲み残しのワインもおいしく保存可能

1H8A6572

飲み残したワインは空気と触れて酸化が進み、風味が劣ってしまいます。だから「一瓶飲み切るのは大変だから、ワインは気軽に楽しめない」なんて人も少なくないでしょう。

でもちょっとした工夫でワインはおいしく保存することができるのです。それは飲み残したワインを「空気と触れさせない」工夫です。

main_01-3

ではどうすればボトルの中でワインを空気と触れさせないようにできるのでしょうか? そこで登場するのが「ワインプリザーバー」と呼ばれる道具です。

1H8A6605

1H8A6621

ボトル口に取り付け、何度かボタンを押すだけで内部の空気を抜き出すことができます。こうして飲み残したワインは、4日ほど新鮮な状態に保て、コルク栓を抜いた後でも、おいしくいただくことができます。


TIPS 4:シャンパンの飲み残しは、ワインとは逆の保存が必要

20141030amuser_4

シャンパンは炭酸が入ったお酒だけに、開栓後はその日のうちに飲み切らないと炭酸が抜けておいしくなくなってしまいがち。保存のポイントは「炭酸を抜かないこと」です。

1H8A6647

開栓済みシャンパンの炭酸を抜かないためには、ワインの保存とは逆にボトル内に空気を充満させ、炭酸を逃さないことが重要です。そこで「シャンパンプリザーバー」の出番です。

main_02

シャンパンボトルの口に取り付け、ポンプを押すだけでボトル内に空気を充填することができるのです。

1H8A6658


おいしく飲むためには道具も大事。「AMUSER ワインアクセサリーセット」

1H8A6432

以上のTIPSで紹介した充電式電動ワインオープナー、ワイン用プリザーバー、ワインエアレーター、シャンパン用プリザーバーは、長野のワイナリーやワイン有識者と協力し、地域活性とワイン市場の拡大を目指している長野発のオリジナルワインアイテムブランド「AMUSER(アミュゼ)」の第一弾商品です。

それぞれの商品は個別で販売されていますが、すべてをセットにした「ワインアクセサリーセット」も販売されています。ワインをこれから始めたいという方だけでなく、高級感あるデザインとパッケージで、引き出などのギフト用途にも最適です。

そろそろ本格的なワインシーズン到来。ちょっとした工夫で、もっとおいしくワインを楽しみましょう。

AMUSER
ご購入はこちら

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense