薬がうまく目に入らなかったり、目に近づけすぎてしまったり。目薬さすのはちょっと苦手!っていう方、少なくないと思います。

でもこれからは、この「i-drop」があれば、そんな苦手意識を持つ人はぐっと減るかもしれません。

141028idrop-07

i-dropは目薬のボトルに取り付けて使うアタッチメント。

まぶたを軽く固定しながら使うから手がブレることもないし、目を開け続けるために目に触れる必要もなくなるので、二次感染などの心配も小さくなりました。

どうして今までなかったんだろうってくらい、便利で安全なアイテムです!

141028idrop-03

使い方は簡単、キャップの上に置いておいたi-dropを外したら、クルッと逆さまにして目薬の刺し口に取り付けるだけ。どんなサイズの目薬にも合うようになっているそうですよ。

取り付けるときにi-dropの表面と目薬が出てくる穴が一瞬触れることにはなりますが、そんなに神経質になることはないような気がします。気になるときは、直前に軽く洗えば済む話ですしね。

141028idrop-02

まぶたに当たる部分はシリコン製なので、目の周りの肌を傷つける心配も少なくて済みます。でも子供が1人で使うと、誤って目に入れてしまうかもしれません。見守ってあげたほうがよさそうです。

ありそうでなかった目薬用アタッチメントi-drop。残念ながらまだコンセプトの段階ですが、これはぜひ市場に登場して欲しいですね。誰が使ってもきっと便利だし、特にアレルギーだったりコンタクトを使っていてよく目薬をさすんだけど苦手…という方に重宝されるかも。

ドラッグストアなんかに置かれるようになったらいいなぁ。

iMeds[YANKO DESIGN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense