SHARE


イタリアでデザインされた、植物専用のLEDライト。

Light for food”をコンセプトにBulboが手掛けました。Bulboは2009年に設立された、ミラノ工科大学から始まり、科学立証をするためにボローニャ大学農学部とのコラボレーションをきっかけに生まれたプロジェクトです。

都会の人と自然を繋げる、日々の生活の中からインスパイアされてこだわった、上質なモノだけを使用して作ること、イタリアで全てを生産することをコンセプトにしています。

こちらのプロダクトは2012年にテクノロジー分野での若手デザイナーに資金提供をするSpinner European competitionにて受賞した優れものです。

141026_bulbo_4

自宅ではなかなか上手く育てられない植物や野菜も、このライトが成長を助けるのだそう。

上から吊るしたり、プランターに差して使用するタイプの「Cynara」とLEDライトの下に複数の鉢植えを並べられる「Quadra」があり、それぞれワット数が異なっているため、植物や野菜の大きさにマッチしたものを選びます。

20141114roomie_Bulbo_Cynara_growlight_04

Cynara

141114_bulbo_5

Cynara吊るし

20141114roomie_Quadra_small_Bulbo_01

Quadra

科学とデザインが上手く融合された、プロダクトになっていますね。素敵なパッケージに入った、栽培セットもあります。

141026_bulbo_2

141026_bulbo_3

分かりやすい説明書が入っているので、初心者でも簡単に出来そうです。これで、育てた野菜を食べてみたいですね。

残念ながら、日本ではまだ販売されていないのですが、来年を目指して現在準備中とのことでした。

bulbo light

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense