以前、テムズ河を走る大きな発電アヒルの記事をご紹介しました。テムズ河では様々なイベントが開催されるようです。

今回ご紹介するのは、昔からロンドンの生活を支えてきたテムズ河を祝し9月に開催されたイベント、Totally Themes

こちらのイベントは規模も大きく毎回、ロンドンを訪れる人を驚かせるイベントです。

今年はパイン素材で作られた、大きな大きなカバが泳ぎました。

カバを手掛けたのはFlorentijn Hofman さん、オランダのアーティストです。彼はラバーダックという大きなアヒルを作ったアーティストとして有名です。

彼はテムズ河と全ての橋とその歴史にマッチさせる為、数十万年前にテムズ河に生息していたというカバをモチーフにすることにしました。

141026_hippopo_1
141026_hippopo_2

その様子とアーティストのインタビューが以下から動画でご覧になれます。

木のぬくもりと、何とも笑ってしまうほどかわいいカバが、ロンドンの夏の終わりを堂々と締めくくりました。

巨大な動物を製作し、様々な場所で発表している彼ですが、次回はどんな場所で見ることができるか、楽しみですね。

Florentijn Hofman
Totally Themes

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense