SHARE

海のアクティビティで代表的なものといえば、サーフィン。世界中、波があるところにはサーファーがいるもので、一度波に乗る楽しさを覚えるとやみつきになってしまう魅力があるようです。

ただ、多くの人は数えきれない失敗や試行錯誤を繰り返してきたからこそ、思いのままに波に乗りこなせるわけで、これから始めようと思う人や初心者の人には難しく見えるのもよく分かります。

そんな人でも楽しめそうなのが、ドイツのメーカーが開発したこちらの“Lampuga”

141028lampuga5

パッと見るぶんには通常のサーフボードに似ていますが、機能や遊び方がひと味違うそうです。

軽量のカーボン素材で作られた、このLampugaのサーフボードとの最大の違いは、ずばりパワフルなジェットエンジンを搭載しているということ。

141028lampuga1

エンジンは15馬力を備え、最大で時速約50キロほどのスピードにまで達するといいます。

すごいパワーを秘めていますが、地球環境に有害なガスの放出はなし。

141028lampuga3

Lampugaの操縦はステアリングベルトを通じて行い、ベルトには加速スロットルもあります。

名前の由来となった世界最速の魚ともいわれる「シイラ」のように、スピーディにかつ敏捷に、そして波の上をスムーズに滑りぬけていくことができるそう。

141028lampuga4

穏やかな沿岸部で乗っても、気持ち良さそうです。

141028lampuga2

13,600ユーロと、個人で購入するには大きな決断がいる価格ですが、将来的には海のアクティビティとして定着して手軽に遊べるようになると嬉しいですね。

141028lampuga6

今後、日本で広まるのを楽しみにしましょう。

[Lampuga]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense