SHARE

雨降りの日のお出かけ。でも、途中で雨が上がってしまうと、ついついどこかに傘を置き忘れてきてしまったり、無くしてしまったなんて経験をした人も多いかもしれません。

でも、これなら大丈夫。だって、スマートフォンで追跡できるのだから

141024ECXS_Metro-tile1

丈夫さや風を受け流す構造の傘を販売し、世界にファンも多い、ニュージーランドの傘ブランド「BLUNT」。位置追跡用タグ「tile」とコラボレーションし、「XS_METRO + TILE」を作りました。

141024ECXS_Metro-tile2

スマートフォンが最後に傘と通信した場所を記録してくれるので、もし、傘を忘れてしまっても、「この辺り」に傘があるはずと…わかるようになっています。

また、もし、誰かが持って行ってしまったりして、あるべき場所に無かったとしても、無くした傘の近くで他のtileユーザーがスマートフォンを使っていれば、そのネットワークを利用して、持ち主に傘の位置を知らせてくれるのだとか。

世界中でこの傘を使用する人が増えれば、無くした傘も更に見つかりやすくなりそうです。

うん、これならもう傘を無くさないね。

BLUNT™ XS_METRO + TILE

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense