“日本一不器用な姉弟”の日常を、温かい視線でどこかコミカルに描いた映画『小野寺の弟・小野寺の姉』が、10月25日に全国で公開されます。ルーミーでは主演の向井理さんと片桐はいりさんにお話をうかがいました。

早くに両親を亡くしてから、古い一軒家で穏やかに2人暮らしを送る、小野寺より子(40歳)と進(33歳)の姉弟。ある日、小野寺家に1通の誤配達の手紙が届き、それをきっかけに2人の恋と人生が動き始めます…。

141024Onodera-06

劇中で小野寺家の姉弟を演じた向井さんと片桐さん。2人をイメージして原作小説を書いたという西田征史監督から、最初にキャスティングを聞いた時、片桐さんは「それは無理があるんじゃないですか?」と伝えたのだとか。

「でも、もし本当の姉弟みたいに見えて、“ありえるんだ!”って思えたら、人間の可能性が広がった感じで楽しいかなって思ったんです。いわゆる日本一きれいと言われている人と私が姉弟なんて、ある種の奇跡でしょ?それは人類の可能性として希望を抱けるなって(笑)」

141024Onodera-05

意外なキャスティングかと思いきや、劇中では何とも自然に、一緒に育った人特有の空気感すらかもしだしている2人。取材中も、まるで本当の姉弟のような独特の距離感が印象的でした。

141024Onodera-02

片桐さん演じるより子の幸せを誰よりも願う、姉思いの進を演じた向井さんは、「進には“自分だったらこうはしないな”っていう部分があまりなかったので、全体的に自分と似ているのかも」とご自身と進の共通点を分析。さらに、「家の中でボソボソやっている感じは似ています」と明かして、片桐さんから「シャキシャキしていそうなのに!」と驚かれていました。

141024Onodera-08

お互いを大切に想い合う、仲の良い姉弟がうらやましくもありますが、「家族っていうのは、いずれ離れなければならなかったりするじゃないですか? 仲良いのに離れなければいけないって、切ないな、と思います」と片桐さん。

向井さんは、「もちろん良い姉弟だなって思いますけど、見ていてちょっとしんみりしちゃいます」とコメント。「この後、この人たちどうなるの?って思うと、ちょっと切なくなりますね」と話していました。

141024Onodera-03

相手を思いやるあまり、不器用な言動ばかりになってしまう小野寺姉弟。でも家族の関係って、みんなどこか不器用なものなのかも。観終わった後はそんなことを思って、ちょっと心がほっこりしました。

Photo (向井理・片桐はいり): 後藤倫人

141024Onodera-04

『小野寺の弟・小野寺の姉』
監督・脚本:西田征史
原作:西田征史「小野寺の弟・小野寺の姉」(リンダパブリッシャーズ刊)
主題歌:「それぞれ歩き出そう」阿部真央 (PONY CANYON)
キャスト:向井理、片桐はいり、山本美月、及川光博、ほか
10月25日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
製作:©2014 『小野寺の弟・小野寺の姉』製作委員会
制作プロダクション:ROBOT
配給:ショウゲート
小野寺の弟・小野寺の姉』[ショウゲート]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking