ドイツのスタジオWertelOberfellが、3Dプリンターでコンパクトカメラ用の素敵なカスタムパーツを制作しています。使われているのは日本を代表するメーカーの1つ、パナソニックの「LUMIX」。それだけでちょっと親近感が湧いてきちゃったり。

141023attachment-05

Eepochs Collection」と名付けられたこのオリジナルパーツは、カバーとしても、グリップとしても使えるアタッチメント。元から握りやすい形状になっているカメラもありますが、自分好みのカーブを3Dプリンターで作るのは面白い発想ですね。

141023attachment-04
141023attachment-03

デザインは全3種類で、それぞれ素材が異なるようです。普通のコンパクトカメラに銅やニッケルで作られたアクセサリーが一緒になると、かなり印象も変わるなぁ。

141023attachment-02

Eepochs Collectionはカメラの全体ではなく、前面だけを覆ってくれるようです。デジタルカメラの背面は液晶がついてるもんね。でも、おかげで簡単に着脱できて洗ったりもできそうな気がします。

141023attachment-01

Eepochs Collectionのその他の写真はこちらから見ることができますよ。

3Dプリンターでのモノづくりっていうとなんとなく「新しいものを1から作り始める」という印象があるのですが、今あるものをより使いやすくする工夫としても使えるんですよね。自由な発想って、言葉で表現するのは簡単だけど本当に奥が深い…!

WertelOberfell
werteloberfell 3D prints epochs collection for panasonic’s GM1 camera[designboom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense