6

お友達の家に行きます。

コーヒーを出してくれます。ぽってりした形の、なんだかリラックスできるマグで。

141017creaturecups01

でも、飲んでいると、なんだかポツポツと白いものが浮かんでいるようです。

なんか、入ってるのかも、と思いつつ、なかなか言い出せません。

もっと飲むと、その白いのは浮かんでいるのではなく、物体だということに気づきます。

何か、入れたまま忘れてコーヒーいれちゃったのかな、なんて思い、

思い切って友達に「ねぇ、このコーヒーの中、、、」と言うと

「あ、火消さなくちゃ」と言ってキッチンに消えて行きます。なんだかはぐらかされた気分。

一人になっちゃって、やることもないし、仕方なく、もう少し飲んでみます。

「あっ!」

141017creaturecups02

びっくりして、思わずつい声が。

そうすると、友達もキッチンから「見えた?」なんていたずらそうな顔して出てきます。

そんな、遊び心あふれたカップです。

飲み物が入っている時には、なんの変哲もなさそうな、どちらかというと「おとなしい」印象に対して、飲み物が少し残る底から顔を出した動物たちは、まるで湖や海の底から出てきたような「躍動感」。

仲のいい友達についいたずらしてみたくなっちゃうような。

「earth」シリーズの青マグカップ。

141017creaturecups03

Limited Editionの赤マグはそのまま「red」シリーズ。

141017creaturecups04
141017creaturecups05

このタコなんて、飲んでいる時に鼻につんつんしそうな予感。

「sea」シリーズは、やわらかなブルーグレーのマグ。

141017creaturecups06

そして、黒のマグカップ「creepy(気味悪い)」シリーズは、

141017creaturecups07
141017creaturecups08

その名の通り、子供がいるご家庭は辞めておいた方がよさそうな、気味悪さです。

最後の生き物は「クトゥルフ」。架空の神性とされているそうですが、調べた所によると、「タコに似た頭部、イカのような触腕を無数にはやした顔、巨大な鉤爪のある手足…」などなど、相当不気味な姿ですね。

マグカップは2サイズ展開。そして、スープ皿もあります。

141017creaturecups09

意外とコーヒーじゃなくて、紅茶やコンソメスープのほうが、最初から底が見えてしまい不気味かもしれませんね。

ご購入はコチラから

creature cups
6

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking