Taylor Scott Rossは、 Savannah College of Art and Designに通う学生。彼が制作したのが、「Rigsbee」です。

141015Rigsbee_Taylor-Scott-Ross_6141015Rigsbee_Taylor-Scott-Ross_8141015Rigsbee_Taylor-Scott-Ross_1

モダニズムを代表する家具デザイナーの1人マルセル・ブロイヤー(1902-1981)の椅子に着想をえたというスツールは、丸い風貌が印象的。

座面の役割を担っているのは、アーチがかった筒のような形のもの。この中に本や新聞を収納できます。ご飯を食べるときなど、さっと手を下にのばして物を入れることができて便利。

141015Rigsbee_Taylor-Scott-Ross_7

鞄や帽子などをかけるための工夫もされているんです。

141015Rigsbee_Taylor-Scott-Ross_14

141015Rigsbee_Taylor-Scott-Ross_17

141015Rigsbee_Taylor-Scott-Ross_13

141015Rigsbee_Taylor-Scott-Ross_11

座る部分には白い柔らかい布を巻いてボタンで止められています。簡単に取り外せて洗濯できるし、自分の好きな布を巻いてみてもいいかも。

141015Rigsbee_Taylor-Scott-Ross_9

日常生活の中に自然ととけ込む木の色、そして白い布、フォルム。ちょっと友人がおうちに寄った時も、さっと鞄をかけて、スツールに座ってお酒やコーヒーを飲みながら、おしゃべりを楽しむ。そんな幸せな時間を思い浮かべさせられるスツールです。

RIGSBEE LE TABOURET AFFAMÉ PAR TAYLOR SCOTT ROSS[Blog Esprit Design]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense