パリの街角に週末だけ登場する、緑のワゴン。

そのヴィンテージ感漂ういでたちに、「Print Van Paris」と書かれたこの車の正体は、“走る”シルクスクリーン屋さん

141014Print Van Paris_2141014Print Van Paris_4141014Print Van Paris_11

車の中には、シルクスクリーンに使う道具や、Tシャツとトートバッグが詰め込まれていて、お客さんはその場で好きなデザインと色を選び、自分でシルクスクリーンプリントを体験できるんです。

141014Print Van Paris_16
141014Print Van Paris_6
141014Print Van Paris_7
141014Print Van Paris_5
141014Print Van Paris_9

毎週、異なる場所にワゴン車は出動。そして、イラストを担当するアーティストも様々な人たちが登場するそう。

141014Print Van Paris_13
141014Print Van Paris_10
141014Print Van Paris_17

筆者も大学生の頃、芸術部の友人がシルクスクリーンをはじめから制作するというので、興味本位で作らせてもらった経験があります。体験してみて、「ほ〜、こうやってできるのか!」と、その面白さが分かりました。

141014Print Van Paris_15

パリの街では、なかなかオープンな屋台そのものをあまり見かけない分、この「Print Van Paris」には注目してしまいます。

こちらは、その紹介動画です。

「Print Van Paris」の活動はfacebookでもチェックしてみてください。

フランス映画に出てくる昔ながらの「カフェ」ではなく、サードウェーブ的なコーヒーショップもオープンし始めているし、パリの街には今、新しい風がふきはじめているのかもしれませんね。

Print Van Paris[Journal du Design]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense