段ボールには、まだまだ私たちが信じられないようなポテンシャルが備わっているのかも。

アメリカのパッケージ会社Ernest Packagingは、”Ernest Cardboard Chaos Video Series”という動画シリーズで、段ボールの可能性と限界にチャレンジし続けています。

このほど、新たなプロジェクトが公開されていますが、今回の計画をスタートさせたアイデアはきっとこんなものだったのでしょう。

「段ボールで作ったサーフボードで波に乗れるだろうか?」

141012surfboard1

これはなかなかの難題ではないでしょうか。簡単には成功できそうなイメージが浮かんできませんね。強度的にもそうだし、水に濡れたらやぶれてしまいそう。

141012surfboard8

ボードの材料になるのは、ハニカム構造状に組まれた、厚みのある段ボール。

141012surfboard7

これが工房に持ち込まれ、熟練の職人の技で少しずつ形をなしていきます。

141012surfboard6

細長いボードの形に切りだされました。

141012surfboard5

ボードを滑らかな曲線にしていく工程。流体力学に則った流線形になるまで、やすりで磨き上げます。それができるのも材料の段ボールが硬く、耐久性にもすぐれているからなんだとか。

その後、形が出来たら薄いポリウレタンのコーティングを施し、透明のファイバーグラスで覆えば完成。

141012surfboard9

フィンをセットしたら、海へと飛び出します。

141012surfboard3

結果はというと…。

数人のプロサーファーがこのサーフボードで波に乗りましたが、どの面からも全然問題なし。

形も強度も普通に使われるサーフボードと変わりがなかったということです。スゴイ。

141012surfboard2

段ボールを利用したパッケージ会社の“本気すぎる”お遊びにしておくのはもったいないくらい。

作るのにかかる費用も抑えられるようなので、発売すれば「欲しい」という人もいるのではないでしょうか。

New Video: Ernest’s Cardboard Surfboard Hits the Waves [Ernest Packaging’ blog]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking