SHARE

ピンピンの色鉛筆と絵の具で。

ケープタウンで活動するLorraine Lootsさんは、削りたてのように細く尖った色鉛筆と小筆を使って、365日間、毎日1枚小さな絵を描いています。そのポストカードに描かれたアートはアリのように小さいけど、とてもリアルで繊細。

実は、一緒に映っている絵の具や、鉛筆削りが大きく作られているんじゃないかって錯覚してしまいそうです。

141009postcard-11
141009postcard-08

食べものや乗りもの、動物、風景やお花など描かれているものはさまざま。彼女が拠点としている「ケープタウン」をテーマにペイントは行われているんですって。

こちらはLorraineさんの制作風景が撮影された、インタビュー動画です。

141009postcard-12

正方形の紙に、使い込まれたパレット、色とりどりの絵の具、そして虫めがね。とても優しい雰囲気のなかで、制作は行われています。

141009postcard-02
141009ECpostcard-04-01
141009postcard-01

絵の下には、その時の日付を。なんて細やかな作業なんだろう…!

141009postcard-03

Lorraine Lootsさんの作品はこちらからご覧になれます。

今年の1月1日から始まったこのプロジェクト。もうすぐゴールですね。

365 Postcards for Ants
365 Postcards for Ants by Lorraine Loots[iGNANT]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense