彼女を家に呼んだ時。パーティーの時。サッとカクテルを作れる人は、文句なしにかっこいい。

でも、普段はビール派、仕事が忙しくてカクテルを練習する時間はないし…なんて思っているみなさまに、Ozzをご紹介します。

一番上の写真の、雲のような形をしているアイテムがOzz。まずは、Ozzがどんなにかっこいいアイテムなのか、このビデオで確認してみてください。

カクテル作りの最初に、bluetoothでスマートフォンと繋がり、専用アプリから、カクテルを探します。

ゲストから飲みたいと言われたカクテルが、まったく初めて聞く名前であっても、焦るベからず。まずは、リキュールなど、アプリが示す必要な材料が揃っているか確認してみましょう。

141007ozz01

材料を揃えたら、もうこっちのもの。グラスをOzzにセットしましょう。

次にスマートフォンの画面が、一番最初にグラスに入れる材料を教えてくれます。

材料を入れ始めると、グラスの底とふちが、光の円を描き始めました。この光が一周して、円を描いたら、ちょうどよい量が入ったということだそう。

141007ozz02

最初の材料を入れ終えると、スマートフォンの画面も自動的に、レシピの先に進んでくれます。そして、また「はーい、ストップ」と言ってくれる。

Ozzには重さを計って、それをスマートフォンに伝えてくれるシステムが入っているわけです。

141007ozz03

あ、そうそう。このアプリのレシピは、プロのバーテンダー監修の元に作られているので、初めてのカクテルもプロの味になること間違いなしですよ。

初めてでも、たくさんの種類のカクテルが簡単に作れることはもちろんですが、この雲みたいな形もなんだか素敵です。

片手でレシピやスマホのページを捲りながら、ということがないから、余裕な顔してカクテルを作れちゃいます。そう、どうせかっけつけるなら、ヨユーな顔しなくっちゃ。みんなが集った時に、飲みたいものを飲みたい人が簡単に作れるセルフバーを設置してみても楽しいですね。

ozzは10月27日までkickstarterでクラウドファンディングを実施しています。モテたいみなさん、サポートしたら、Ozzと一緒にモテ期が訪れる可能性だってゼロじゃないかもしれません。

Ozz : Finally good cocktails at home  [kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense