コンニチハ、ワタシの名前はタイムトラベラー・ルミですヨ。あの頃に戻って人気の記事をピックアップ、編集・修正して改めてご紹介しますヨ。今回はさかのぼること2013年4月29日から、気になる記事を拾ってきましたヨ。

写真じゃないの?

DiegoKoiとして知られるイタリア人アーティストのDiego Fazio氏。彼が使う道具は鉛筆のみ。超写実的技法によって、まるでモノクロ写真のような絵を描き上げています。

一枚の絵にかける時間はおよそ200時間。通常のデッサンのように全体的に仕上げていくのではなく、端から一気に描き込んでいくようです。制作過程はこんな感じ。


ひょえー!

描き込まれた部分と白い部分とのコントラストがすごいの一言。彼のサイトではこの他にも驚きの作品が多数掲載されています。その中から一部を抜粋して紹介します。



ホントに描いたの??

何度見ても目を疑ってしまいますが、全て鉛筆で描かれた絵です。2007年から本格的に絵を描き始め、今では世界的にも大絶賛されているDiego Fazio氏。実は、まだ24歳というから驚きです。一度でいいから本物を見てみたいですね。

[DiegoKoi]

Text by 稲崎 吾郎

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense