SHARE

こちらはDominic Wilcoxさんによる、ステンドグラスで囲まれた車のプロトタイプ。未来の車をテーマにした展示会「Dezeen and Mini Frontiers」のために作られた作品です。

この車の素敵なところは、ステンドグラスで囲まれた華やかなデザインだけではありません。

20141002_car05

内部にはベッドが積まれた、ドライバーいらずの寝台車のコンセプトで作られているんです。

つまり、この車の中で眠っていれば、目が覚めた時にはもう目的地というわけなんですね。

20141002_car03

2059年までには、人間よりコンピューターの運転のほうが安全だって統計的に証明されると思う。」そうコメントするDominicさん。

確かに、最近ではグーグルによるセルフドライビングカーの実験が行われているほか、一般にも衝突を避ける技術が普及しています。そう考えると、Dominicさんの言うことは遅かれ早かれ当たりそう。

20141002_car09

この「ガラス」でできたデザインには、自動運転により、ハンドルはもちろん、エアバッグやバンパーなど身を守る装置も要らなくなることを示す意図があるようです。

20141002_car06

ダラム州の大聖堂を参考にデザインされたというステンドグラス。ハンドカットのパネルは、コンピューターのテクノロジーから職人の技までいろんなものが詰まっています

移動中の内部はどんな雰囲気なんでしょうね。ドラえもんのタイムマシンに乗っている時のようなイメージが湧いてきます。目が覚めたら目的地って、ある意味タイムマシンみたいな感覚ですし。

Dominicさんは2059年までに、この車を利用できる形にしたいそうです。そのときは1人用だけじゃなくて、6人用なんかも用意したいんだとか。夢があって、でも無理とは思えない感覚が、想像を掻き立てますね。

stained glass driverless sleeper car by dominic wilcox[designboom]
Stained Glass Driverless Sleeper Car of the Future[Dominic Wilcox]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense