今日は、ドイツ流、週末散歩のすすめをご紹介します。

キリスト教徒が多いヨーロッパ。特に私が住んでいるドイツでは、日曜日は休息日。飲食店以外のほとんどのお店は、スーパーでさえも閉まっており、街に人気がなくなります。信仰が徐々に薄れてきている現在でも、日曜日は「ゆっくりする日」として、ドイツの文化に根付いているんです。

そんな日曜日、「よし、公園に散歩に行こう!」というのがドイツ流。天気がよければ、大きな公園が人で埋め尽くされる、なんてこともしばしばです。

20141002_EU01

ドイツの公園は、自然がいっぱい。また、サイクリングロードや、ランニングロード、散歩道や、草原があったり、森のような大きな公園が多いんです。

木々には人に慣れたリスもたくさんいて、近くで餌をあげる事だってできるんです。みなさんのご自宅の近くにも公園はありますか?

20141002_EU03

木の実集めなんかもきっと楽しい。子供の頃よくしたなあ、なんて思い出しながら、地面を見ていると、思わぬ発見があったりすると思います。

20141002_EU04

カメラを持って歩くのだってきっと楽しい。風で揺れる木々、差し込む光。普段なかなか街では感じられない静けさを感じることができます。

きっとあなたにしか撮る事のできない写真がたくさん撮れるはず。

20141002_EU02

足下を見て、ぼーっと歩いたり、いろんなことを考え、思いにふけて歩くだけでなく。自然を感じながら歩いてみましょう。

時には歩道をはみ出して、森に入ってリラックス。

Sunday_Walk_06a

原っぱを見つけたら、迷わず寝転んでみませんか? 目を閉じて、自然の静かな音にそっと耳をすまして、太陽の暖かさを全身に受けてみる。とても気持ちのいい時間を過ごせること間違いなし。

お弁当を用意したりして、週末はピクニックに出かけてみてはいかがでしょう。

Sunday Pleasure [iGNANT]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking