SHARE

「発泡酒の色は何色?」というと、ほとんどの人が「黄金色」と答えそう。でも、北海道にある「網走ビール」の発泡酒は、ブルーやグリーンとなんともカラフル。飲むのがもったいないと感じちゃうぐらい。色はブルー、グリーン、パープル、ルビーレッドの4種類。

コバルトブルーの「流氷ドラフト」は、オホーツク海の流氷を使用したなんとも贅沢な発泡酒。透き通るきれいなブルーは天然色素クチナシを使用しています。




深いグリーンの「知床ドラフト」は、知床の大自然を彷彿させる香りが特徴の発泡酒。




北海道といえばジャガイモを思い出す人も多いでしょう。それを原料にしたパープルの「じゃがドラフト」。網走産のマタタビも加えた甘みのある味わい。




女性にすすめたい、かわいいルビーレッド色の「ハマナスドラフト」。ハマナスの実は美容通ならご存知の「ローズ・ヒップ」。飲みながら美肌効果が期待できるかも!

これらはすべて北海道らしい原料とネーミング。作り手の“北海道愛”をヒシヒシ感じます。ここまできれいな色を演出するために、さまざまな材料で何度も何度も調節を行ってきたとのこと。まるでアート作品のようだね。

[網走ビール]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense