林 美由紀

林 美由紀

4


愛嬌があるイスだなぁ。

イタリアのイスや彫刻作品を制作する「binome」のイス。

まるっとした姿がレトロっぽくもあり、現代風でもあります。




本体は天然ゴム、ファイバーグラスからできており、脚はオーク材。

クッション部分は取り外しができるようになっており、お手入れも簡単にできます。




1つだけでも存在感があり、2つ、3つと揃えば、それも可愛い。

そして、カラフルなのもいい。

お部屋で、お庭で。

置いただけでその場が和む。

そんなまるっと可愛いイスなのでした。

Chair by binome [freshome]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking