SHARE


こりゃ乗りたい。




1960年代にイギリスで生産されていたマイクロ自動車「Peel P50」が、電動になって復活しています。





そのレトロなデザインと一般車からはあり得ない小ぶり目な車体が心くすぐられる。30キロメートルの連続走行が可能で最高時速65キロ。意外と速いですね。




お値段も約100万円で、そう、バイクみたいな感覚で乗り回せそうです。





一人乗りの「P50」のほかに、2人乗りの「Trident」も電動で復活。

動画では「Peel」3台によるグランプリレースを観ることができますが、随所で急ハンドルで横転するシーンも。う~ん、なかなか過激なクルマですね。




「ちょっとそこまでお買い物」なんて時に、自転車や原付感覚で乗りこなせる自家用車として、これはちょっと面白いよね。P50は日本でも原付ミニカーとして登録するなどして公道を走れるようです。

[Peel]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense