イスを着る時代が来たのか。

スイスのスタートアップ「noonee」が開発したのが足に装着するイス「Chairless Chair」。

Chairless Chairはお尻をサポートする部分とひざ関節、衝撃を吸収するダンパーと呼ばれる部分、足首の部分のパーツを装着します。

そして、ロックして使うことで足に沿って各パーツが折れ曲がり、筋肉を使わず、関節に負担をかけない状態で、体重を支えてくれるのだそう。



中腰や中途半端な姿勢でも、足腰にかかる負担が軽減されるようになっています。

ちなみに、普段は足の動きを妨げないので、装着して歩いたり走ったりすることもできるそう。



工場内で、長時間同じ姿勢を保たなければいけない人などによさそうですね。

現在のところ、プロトタイプの段階のようですが、ドイツの自動車メーカーBMWAudiなどの工場で試験運用が始まっているのだとか。

仕事の場面だけでなく、長時間の待ち時間、電車などの移動、医療の現場などでも活躍する日がくるかもしれません。

The Chairless Chair, an invisible chair that you can wear [CNN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking