アンティークマーケットというとヨーロッパをイメージする人が多いのではないでしょうか? でも、アメリカだって捨てたモンじゃない! この国でもさまざまな場所で開催されています。

「ただの古着?」「家でいらないものなのでは?」というモノもしばしば。でも、それもアメリカならでは。その中から自分が欲しい宝を探す、それが醍醐味ってものさ。

アメリカのアンティークで人気があるモノは、ビンテージの古着やミルクガラスのファイヤーキング、オールドパイレックスの食器など。



それではお宝探しにカリフォルニアのロングビーチで行われている「Long Beach Antique Market」に行って見ましょう。



必需品は戦利品を入れるもの。大きいものを狙っているのならタイヤが付いたそれなりのキャリーが必要です。



日本のマーケットは整頓され「食器エリア」「古着エリア」「家具エリア」などカテゴリーごとに分かれていますが、アメリカはそんな細かいことを気にしません。

買い手より売り手重視のレイアウトといった感じでしょうか。ですので、とにかく歩いて見なければなりません。でも、それでステキな出会いがあるのです。



欲しいモノが見つかったら値段が付いているところもありますが、とりあえず交渉してみましょう。抱き合わせで買うと値下げしてくれるところが多いです。

交渉の前にちょっと世間話をするとより効果的。人って気が合うとついつい心が広くなるものですよね。そんな、会話を楽しむのもマーケットのよさかな。

ホットドックやドリンクなど軽食は販売されていますが、座る場所がありません。「疲れた~」といってゆっくり休憩する場所がないのがちょっと辛いのですが、いいモノを見つけた後のビールは格段においしい!!



今回は、ファイヤーキングやオールドパイレックスの食器とアンティーク風地球儀を購入。



「この食器はどんな料理と相性がいいかな?」と考えるとついついニタニタしちゃいます。



入場料は$6。スタンプをもらえば何度でも出入りができます。

さ~、お宝探しに出かけませんか。

[Long Beach Antique Market]

photographed by kana funatsu

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense