だれもが一度は憧れるファーストクラス。

飛行機の一番前の方の広い座席のファーストクラスには、乗った人にしか知らないサービスが存在するのは想像に難くないでしょう。

その中でも飛行機を降りた後でも楽しめるのがアメニティ。エコノミーでも子供用におもちゃを貰えたり、長時間のフライトだと簡易枕が貰える航空会社もありますね。

しかしファーストクラスのアメニティはエコノミーのそれとはひと味も、ふた味も違いました。



まず驚くはその量。こんなに沢山貰えるんですね。歯ブラシ、化粧水類、髭剃り、クシ、耳栓etc…航空会社によって違いますが基本はそんなところでしょうか。

そして、面白いのが航空会社によって入っている物、高級感、デザインの”趣向”が全然違うこと。



BVLGARIやBARRY、Diorといったメゾンブランドの物で揃えるところもあれば、自社ロゴをお洒落に入れたものを揃えるところ、EAMESのようなデザイナーズ物を入れるところと各社趣向をこらしていますね。



比較的中東の航空会社はメゾンブランドの物を利用する傾向が多く、北米の航空会社は自社ブランドを推す傾向があるように思えます。

中には何故かスポンジボブのポーチがある航空会社も。これなら確かに忘れずに持って行くかも知れません…?



見ているだけでも楽しいファーストクラスのアメニティ。自分が乗るときの参考にいかがでしょう。


Inside the First Class vanity bags that reveal how the other half fly [Daily Mail Online]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking