ビールの瓶や缶などのアルコール飲料のパッケージデザインは、ブランドのロゴ、商品名が力強く描かれていることが多いですよね。

消費者が「買いたくなる!」、「飲んでみたい!」と思えるように、そのビールの特徴や、キャッチコピーも印象的。けれど、そんなビールのパッケージデザインとは反対をいくようなデザインを提案しているのが、スペインのデザインチームTxaber

Beer Colors」と名付けられたビールたちは、これまでのパッケージとは比べ物にならないほど、とことんシンプル。

それぞれ色が違うのには意味があって、各々のビールの色を再現しているそう。




例えば、日本で最も親しまれている「ラガー」なら、黄色。ギネスビールを代表とする「スタウト」ならば、黒に近い黒とパッケージの色で味を表現しています。

そしてパッケージに表記されているのは「種類」と「容量」だけ。それだけなんです。

さて、あなたはこのビールのパッケージを見て、「飲みたい!」と思うでしょうか。それとも、やっぱり「いつもの」ビールのパッケージに敷かれますか?

Beer packaging takes inspiration from Pantone[CREATIVE BLOG]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense