SHARE


コーヒーショップで温かい飲み物を頼んだときにもらえる、スリーブ。手で握る部分に取り付ける、火傷防止のカバーです。

どのお店も厚手のボール紙のようなリサイクル素材でできていると思うのですが、可能ならもっと環境にいいもので作ってほしいですよね。そんなときに役立ちそうなのがこの「ECO Sleeve Maker」。




ECO Sleeve Makerは、コーヒーショップなら特にたくさんできるアレからエコなスリーブを作成しようというコンセプト。その「アレ」って、一体何だと思いますか?




答えはコーヒーの出し殻。驚いたことに、コーヒー豆のうちの99.8%が使われずに捨てられてしまう出し殻になっているそうなんです。しかも一年間に700万トン排出されるとのことで、もうこれを使わない手はありません。




エコスリーブは出し殻に水、砂糖やコーンスターチなど接着剤代わりの素材を混ぜ合わせて作ります。食べ物由来のものから作れるって、なんだかとても安心できるスリーブだなぁ。




これによって50万本の木が守られ、700万トンの出し殻は無駄になることもなく、約141億円ものお金が節約できるそうですよ。これは素晴らしいアイディア!

近年、日本でもスターバーックスなどのコーヒショップが急速に展開していて、いまや街中では必ずといっていいほど見かけるようになりました。でもそれだけ、コーヒーの出し殻もたくさん捨てられているはずなんですよね。だからこそ、コーヒーショップらしくコーヒー豆からできたエコスリーブを。これはぜひ実現してほしいなぁ。

The Coffee Sleeve[YANKO DESIGN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense