歩きスマホは危険がいっぱい。

スマートフォンの画面に気を取られていると、前方不注意で誰かとぶつかってしまったり、駅などではホームから落ちてしまう人もいるようです。でも、ついつい気になって、ゲームやSNSなどをやりながら歩いてしまうことがあるかもしれません。

そんな中、中国の重慶市にはスマホ歩きの専用レーンが登場したようなんです。




観光客も多く訪れる人通りの多い道路の歩道が「スマホ歩き専用レーン」と「スマホ歩き禁止レーン」の2つのレーンに分けられています。

こちらは全長50メートルほどのレーンで、歩きスマホの事故を起こさないために設置されたというより、「歩きスマホは危険」ということを自覚させるための試みのようです。

実際には、みんなが歩きスマホをしている専用レーンということを考えると、このレーンが一番危険かもしれませんね。

色々な方向から啓発する。
面白いアイデアですね。

Hell in a Handbasket: Sidewalk “Phone Lanes” for People Who Can’t Stop Walking and Texting [core77]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense