SHARE


ほとんど使いきってポンプから出なくなったシャンプー、どうしていますか。そのまま捨ててる? それとも、お湯を足してキッチリ使いきってますか?

だいたい使い終わったら捨ててしまうという人は、このシャンプーボトルにしたら、手間なくもっとエコな生活をおくれるかもしれませんよ。



Not Waste Any Bottle」はマヨネーズのボトルのような形をした、壁掛けソープボトルのコンセプトデザイン。トップ画像からお分かりのように、ボトルの下の部分をつまむことでシャンプーが出てくるようになっています。

しかも重力によって液体は常に下に向かっているので、ほとんどすべてを使いきれるということなんですね。





数年前にMITが、容器の内側にナノコーティングを施すことでマヨネーズやケチャップが残らなくなるボトルを公開し話題になりました。その技術をこれにも応用できたらもっともっとキッチリ使い切れるんじゃないかな。

容器の内表面に付いているシャンプーなんて量にすれば大したことないかもしれないけど、その小さなムダが何度も積み重なるとおそらく膨大な量になるんですよね。そう分かっていながら面倒さが勝ってしまう人でも、これならシャンプーの無駄遣いから卒業できそうです。

The Last Drop Of Shampoo[YANKO DESIGN]
ついにケチャップを容器から完全に出し切れる日が来る…MITが素材開発[ギズモード・ジャパン]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense