SHARE


本日午前2時。日本でも大きな注目を集めていたビッグイベントが開催されました。そう、みんなが大好きな「アップルの新作発表会です。

今年の発表会では新型iPhoneに加えて、噂されていたもう1つの新しいガジェットが登場し、例年以上に熱く盛り上がったイベントでしたよ。



まずは、みんなが待っていたこちら。「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」の2モデルがデビューしました。アップル史上もっとも大きく、もっとも薄く、そしてもっとも美しいディスプレイを搭載したiPhoneです。



側面から眺めると伝わってくる、丸みを帯びた柔らかくて優しいデザイン。男性も女性も持ちやすくて、手に馴染みそうなボディですね。

ツートーンカラーだった背面カラーは、ワントーンになりました。これまで通り「シルバー」「ゴールド」「スペースグレイ」の3色展開です。今年もゴールドが人気になるのかな。



お友達とのショットやみんながご飯の写真を撮るときに欠かせないiSightカメラは、新しいセンサーを搭載してもっとハイクオリティな撮影ができるようになりましたよ。これまで以上に「写メ」が楽しくなるのは間違いありませんね。

そして内側に付いているインカメラでも連写撮影ができるバーストモードが使えるようになり、一瞬を逃さない素敵なセルフィーが可能になりました。もう、「ハイチーズ」の掛け声はいらなくなりそうです。



さらに新しくなったランドスケープビューでは、大きくなったiPhoneの画面を活かしてより見やすくなりました。くるっと回転させれば、メールは受信トレイと本文の2つが一気に表示されるなどしてくれるんだそうです。まるで小さなパソコンみたいですね。

iPhone 6の価格は、6万7800円(16GB)、7万9800円(64GB)、8万9800円(128GB)。iPhone 6 Plusは、7万9800円(16GB)、8万9800円(64GB)、9万9800円(128GB)です。※SIMフリーの価格です。

発売は9月19日(金)、予約開始は9月12日(金)からです。

そしてここからは、新しいあのガジェット。



静かに、でも堂々とした発表の瞬間は、アップルの社長も、イベントに訪れた観客の皆さんも、今年一番ってくらい盛り上がりましたよ。



そう、iWatchという名前でいろんな噂が出ていたウェアラブルガジェット「Apple Watch」。待ちに待った登場です。




ラグジュアリーなデザインのものと、スタイリッシュなステンレスモデル、耐久性の高いスポーツモデルの3展開。サイズもそれぞれ2種類ずつあります。少し厚みがあるようですが、コンパクトなモデルならば女性でもきっとピッタリですね。




Apple Watchはヘルス関連の機能が充実しています。ランニングなどの激しいエクササイズから立っている時間が長い家事のような軽い動きなども、3つのリングで把握できるようになっているんです。

外でも、室内でもどんなシーンでもこれまで以上に体を動かす楽しみが実感できる、そんな存在になってくれるかもしれません。




iPhoneと連携すれば、TwitterやFacebookといったSNSを気軽に楽しむ事ができ、親しいあの人ともっと密に連絡を取れるようになりました。

さらにマップを表示させれば時計感覚でいつでも現在地が把握できるようになり、いつもは通らない場所を通りたくなるような、冒険心がくすぐられそう。



切手サイズの画面だけど、見にくいことはありません。だって、横のクラウンを巻けば、iPhoneでみんながいつもやっているピンチやズームといったあのジェスチャーの代わりになってくれるからね。

もちろん、指でのタップなどジェスチャーもできますよ。指先お絵かきでコミュニケーションだってとれちゃうんだから。

価格は349ドルから。発売は、2015年初頭のようです。

注目の機能をさらっとピックアップしてみましたが、いかがでしたか? iPhoneとApple Watchのさらい詳しいスペックはこちらから確認できます。イベントの様子も知ることができますよ!

iPhone 6、どっちのサイズにしようかな。Apple Watchはどのモデルにしようかな。実際に発売されるまで、悩みがつきませんね。

アップル、iPhone 6と6 Plus発表。One More ThingはApple Watch #AppleLive[ギズモード・ジャパン]
アップル

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense