SHARE


あなたのクローゼットにもきっとあるリーバイス®のジーンズ。どんな時に、どんな風にはいていますか。

世界中で愛されるジーンズ・ブランドのLevi’s® が「Live in Levi’s® Project」というプロジェクトを始めました。

リーバイス®を愛する人たちの生活の一片を、世界をつなげるソーシャルメディアを通じて紹介する。このプロジェクトによって、ニューヨーク、ロンドン、パリ、上海、東京と世界中でリーバイス®を愛用する人々のストーリーが記録され、シェアされています。

ブルックリンを拠点に活動する人気バンド Sleigh Bellsのボーカル・Alexis Kraussや、イギリスの雑誌『ワンダーランド』のエディターで、自身のファッションが絶大な人気を集める Julia Sarr-Jamoisなど、複数の文化人やアーティストが登場しています。



日本から参加しているのは、会津若松出身のペインター・MHAKさん。



MHAKさんご自身の地元でもある会津若松の町のプラットフォームに壁画を描く様子。




お気に入りのリーバイス®を「愛着があるから自分の息子に受け継ぎたい」と語ります。

世界中で何十億本も愛用されているジーンズのリーディングブランド。人々が「This is how I live in Livi’s®./これがワタシのリーバイス®生活」と迷いなく宣言できること。それこそが、リーバイス®が広く愛され、その人の人生にとけ込んでいる証です。

Livi’s®やNIKEなど大手ブランドだけにとどまらず、国内外のストリートブランドとのコラボレーションなど、様々な活動を展開するMHAKさんのリーバイス®・スタイル。こちらのビデオでご覧下さい。




【追記】

10月11日〜12日にリーバイス® ストア原宿店の15周年を記念して、MHAKさんのライブペインティングパフォーマンスが行われ、その様子をおさめたムービーが届きました。

ストアの外壁一面が丁寧にペイントされていく過程と、完成した作品は一見の価値ありです。

LEVI.JP
www.MHAK.jp

THE LIVE IN LEVI’S PROJECT FILM [YouTube]
MHAK – Tokyo | THE LIVE IN LEVI’S PROJECT [YouTube]
LEVI’S® STORE HARAJUKU 15TH ANNIVERSARY– LIVE IN LEVI’S® – MHAK [YouTube]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense