SHARE


ノイローゼや精神的に落ち込んだり、病気になってしまったり。

そんな人の多くは部屋に籠りがちで、日光不足が原因かも!そんな人のための、光るお薬はいかがでしょうか。




南の島のあの暖かい気候、そして燦々と光る太陽!そんなところで落ち込んでる人なんて聞いた事ありますか?

そんなアイデアから生まれた、この薬型ランプのデザイン。ケースにはボラボラ、ハイチ、セーシェルなど南国の島の名前が書かれていて、その地のあの太陽の輝きを連想させます。きっとあなたの落ち込んだ気持ちも、「日光の薬」で晴れ晴れとするかもしれません。





薬局での展示も行なわれた、心まで暖まる様な優しいアイデアデザイン!

ランプとしてもちょっとしたインテリアとしても置いておきたい、デザインですね。

コンセプトデザインだそうですが、薬局に置いてあれば思わず手に取ってしまいそう!

[Vaulot&Dyèvre]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense