SHARE


弧を描くように開けば倍の長さまで測れる定規。携帯してた一般的な文房具の定規では長さが足りなくて…というときに重宝します。

ですが、あえて弧を描くのではなくて、スライドして測れる長さを伸ばすタイプにしたら、定規がもっと便利になったんです。



Snežana Jeremićさんが考えた定規のコンセプト「Duplo」。スライドして伸ばすことで、倍の長さまで測れるようになりました。



そして定規に始点のでっぱりをもうけることで、モノをはさみながら測れるようにもなったんですね。小さなものを挟んで測るノギスとそっくり。確かに、弧を描くように開いていたら、このノギスのような機能は生まれなかったかも。

すでに同じような機能があるものでも、もう一度考えなおしてみたらいいアイデアが出てくる。そう教えられるような、素敵なコンセプトです。

Rethinking the Ruler[YANKO DESIGN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense