リビングにキャットウォークを作るなら、古材を利用してセレクトショップの棚のような風合いはいかがでしょうか?

家族同然の愛犬・愛猫。彼らが過ごしやすく、なおかつインテリアとしても美しい工夫をご紹介します。

自然の木を取り入れて、室内でも木登りをどうぞ。



インテリアにマッチしたペットゲージがなかなか見つからない!という方は、こんな大胆なリノベーションはいかがでしょうか。隣の部屋のクローゼットの下部をリビング側からくり抜いて愛犬の居場所を作りました。



ちょっと隠したいトイレは階段下のスペースに。



TVボードと一緒にキャットウォークを造作。インテリアを邪魔しません。



愛猫が映えるという視点で壁の色を選んでみるのもいいかもしれません。



こちらは胴長のコーギーに優しい勾配、踊り場には愛犬目線で外が見られる窓と、家のつくりそのものがペット目線。(撮影:BAUHAUS NEO)



見た目だけでなく、滑りにくく関節を痛めにくいフローリング材を選んだり、嗅覚が敏感な彼らにストレスを与えにくい消臭効果・防汚効果のある壁紙や建材を使ったり、一緒に気持ち良く暮らせる家にしたいですね。

ペットと暮らすリフォーム・リノベーションのススメ[ソーシャル・ホームデザイン SUVACO]
愛猫が快適に暮らせる家[ソーシャル・ホームデザイン SUVACO]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense